calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

それはウッドデッキからはじまった

0

    JUGEMテーマ:DIY&工具

     

    それ、というのはガレージの再構築のことです。

    以前からのいろんな想いが、あることをキッカケに動き出す

    ということありませんか?

     

    今回は、MINIのことではなく、DIYの話です。

     

     

    我が家は、親子三人で中野や高円寺にお散歩することが多いです。

    娘はまだ1歳。抱っこひもで連れ歩くことが多いのですが、さすがに段々と重くなってきました。

     

    そんなこともあり、この春、妻と話し合って、電動自転車を2台購入することにしました。

    そうすれば、近場での買い物もしやすくなるし、休日に家族三人で移動しやすくなります。

     

    それで下記YAMAHAの電動自転車を選びました。


     

    PAS_Babby_unPAS_Kiss_mini_un

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    左から

    • PAS Babby un
    • PAS Kiss mini un

    いずれも白を選びました。

     

    もちろん、この2機種にしたのには理由があります:

    ◯全長が短い

    ◯電動モーターおよびバッテリが同社の最新仕様であった

     

    2台同時に導入するにあたり、狭い我が家のどこに置くのか、考えておく必要があります。

    ◯ガレージのクルマと隣地境界壁の間

    ◯玄関の前

    の2カ所しかありません。

    でも、ガレージは車庫入れやクルマの乗り降りの障害になるため置きたくありませんでした。

     

    必然的に「玄関前」しかありませんが、最大の問題は、玄関壁から郵便ポストのある門柱までが

    ギリギリ2mしかないことでした。

    この2機種は両方とも全長1720mmで、玄関前の狭いスペースにぴったり収まる寸法でした。

     


     

    さて

    玄関扉の前は高さ約20cm/出幅約1mのステップがあり、

    コンクリート土間がひとつづきになっているわけではないため、

    自転車を置く場合、前輪部をその段差の上に乗り上げるような形になります。

     

    また、玄関の扉を開けた時に自転車が邪魔にならないようにもしたいわけです。

    2台並べて置く場合、壁側に置いた自転車に乗りたい場合など

    段差があるコンクリートだと手前の自転車をどかすような手間も億劫です。

     

    それで沸々と湧いてきたのが、玄関壁から門柱までの空間を

    ひと続きのウッドデッキにしてしまおうというアイデアでした。

     

    築20年の家ということもあり、全体的に薄汚れてきているのですが、

    玄関先をすこし明るくしたい、という想いもありました。

     

    そんなようなことで、設置したのがこのウッドデッキです:

    ウッドデッキ全景

     

    一部右下の化粧板の施工は考えあって、張っておりませんが、それ以外は形になっています。

    人工木材のウッドデッキのため、スタンドを立てたままで自転車を横移動しても

    傷もつきにくいし、滑りも良いです。

    多少、難があるのは、自転車の鍵(後輪のロックと、バッテリのロックの2カ所)が

    自転車の左サイドにあること、でしょうか。

    まあ、カバーを外して向こう側に屈み込めば届かないわけでもないのですぐに慣れました。

     

    施工については

    コンクリートが5%以上不均一に傾斜しているため、水平に調整するのに多少苦労しました。

    6月、施工途中の写真撮影をしてないのですが、20個ほどのT型鋼製束

    (コンクリートにアンカーで固定して高さ調整できる建築金具)

    で根太を水平に張り、その上に床板を張っています。

     

    また材の全てに難燃性でメンテナンスフリーの人工木材を使っています。

    手前にあるのは、枕木風に見えますがコンクリート製です。

    この写真には写っていませんが、表からは影になる部分にセンサーライトと

    センサーカメラ(いずれもパナソニック)を設置しました。

     

    施工にはコンクリート振動ドリルと丸のこ、丸のこガイドと電気サンダーが活躍しました。

    今回使用したパナソニックのインターホンほかセンサーライト/カメラや工具類など

    書きたいことは山ほどありますが、長くなりすぎるので、詳細はまたにします。

     


    コメント
    コメントする